入谷式足底板(インソール)療法は通常のインソール(市販のものや、義肢装具士が作製するもの)とは違い、個々人の歩行や動作に合わせ、足のアーチ部分に凹凸をつけ調整することで、身体を効率的に働かせることができる治療法です。
入谷式足底板を靴に挿入すると、歩くときや動作をするときの痛みを改善し、楽に動くことができるようになります。また、体を無意識にコントロールできるため、作製した足底板を入れた靴で歩くこと自体が治療につながります。