当院では理学療法士、言語聴覚士(月・火・金)、助手(兼事務)1名でリハビリテーションに当たっています。セラピスト一人ひとりが、患者さまと向き合い、信頼関係を第一に考えた患者さまファーストの治療を心がけています。外来が総合診療主体となってから、整形外科疾患や脳血管疾患等の診療科の枠を超えて診療が可能となりました。セラピストもさまざまな患者さまに対応できるようスタッフ一同努力しています。

理学療法

理学療法士が、各患者さまに合った運動療法や物理療法を行います。
理学療法士が患者さまの状態を把握し、病状に合った治療を行います。

理学療法

運動療法

☆担当制、予約制
☆運動器リハビリテーションⅡ、脳血管リハビリテーションⅢ取得
当クリニックでは予約制・担当制でリハビリを行っています。基本的には毎回同じ担当者なため、お体の状態も把握しやすく、安心してリハビリをお受けいただけます。

<対象疾患例>

整形外科疾患
・腰痛 ・肩痛 ・頸部痛 ・股関節痛 ・膝痛 ・足部痛などの関節の痛み
・脚の痺れ ・腕の痺れ などの神経症状
・捻挫後の痛み ・外反母趾 
・長時間歩けない、歩いていると痛みが出るなどの症状
脳血管疾患
・脳卒中後の四肢の動かしにくさ
・痙性麻痺による体の硬さや歩きにくさ
・脳卒中後の日常生活の行いにくさ(食事、入浴、屋内移動や外出したいけど出来ないといった状態)
・神経筋疾患等の難病をお持ちの方
  (パーキンソン病、脊髄小脳変性症、ニューロパチーなど)
理学療法士が姿勢や動作をみて、一人ひとりに合わせた運動療法を行います。

※1 リハビリを受けるには医師の処方が必要ですので、まずは医師の診察をお受けください。
※2 小児の方のリハビリも行っておりますので、ご希望の場合は一度ご相談下さい。

物理療法

物理療法とは治療機器による治療のことです。患部への温熱、電気刺激を与えることでの除痛効果やリラクゼーション効果が期待できます。

【左】各種温熱療法機器マイクロ波治療器
腰痛・膝関節痛などに超短波(マイクロ波)を照射し、深部で熱を発生させ、痛みを和らげます。

【右】干渉電流型低周波治療器
神経痛・筋肉痛を軽減し、神経麻痺による筋肉の萎縮も予防します。通常の低周波治療器よりも優しく心地よい刺激です。

ウォーターベッド型マッサージ機器
背中の下で水流が移動し、心地よい揺れで肩や腰の筋肉をほぐし、リラクゼーション効果が得られます。

リハビリテーション室は高い天井にダウンライトがあり、広々とした落ち着いた雰囲気の中でリハビリを受けることができます。回復期リハビリテーション病棟である同善病院とも密に連携し、退院後のリハビリを継続できるよう、積極的に受け入れています。

言語聴覚療法

コミュニケーション障害 (言葉がなかなか出てこない・呂律が回らず話し辛い) 、高次脳機能障害 (集中出来ない・覚えられない) 等でお困りの患者さまが対象となります。

装具の選定

理学療法士が患者さまの状態に合わせて医師と相談の上、装具を選定していきます。また、義肢装具士と連携し、装具の微調整や作製を行うこともあります。
患者さまにとってより使いやすい、生活しやすい環境を装具からも整えます。

治療用具を使用したリハビリテーション

手の機能訓練を目的とした治療用具も多く取り揃えています。現在外来リハビリにおいて、作業療法士は在籍しておりませんが、理学療法士が手指や細かい動作練習の対応をしていきます。